商品先物 デイトレード テクニック


商品先物デイトレード(デイトレ)テクニック

デイトレード(デイトレ)テクニック

デイトレード(デイトレ)で稼ぐための5つのテクニック

@資金管理をしっかりと行う

A仕掛け・利益確定・損切りのルールを徹底する

B値動き・流動性のある銘柄・限月を選ぶ

C手数料が安い取引会社を選ぶ

D情報用の口座を用意する


@のテクニックの資金管理は非常に重要。
ここが出来ていない場合、すぐに退場といった展開もありえます。

しっかりとした資金管理はデイトレード(デイトレ)には必須です。
トレードを行うときは必ず損切りを入れる、ここまで負けたら今月は取引をしないなど、徹底的に管理していきましょう。


Aのテクニックについては、投資で負ける主な原因が、「損をしたくない」「もっと稼ぎたい」といった感情に振り回されること。
それを防止するために、取引のルールを徹底しておきましょう。

感情を排してルールをしっかりと遵守する・・・ちなみに自動売買やシステムトレードもこれと同じ原理。
違いは手動で行うか、コンピューターに自動にやらせるかの違いだけです。


Bのテクニックは、値動きが大きくない銘柄がデイトレード(デイトレ)に向いていないのは当然のこと。
動きがないといつまで経ってもトレードが行えませんから。

また、流動性(取引量)も重要になってきます。
これは出来高で見ることができます。

銀やアルミなどの出来高の少ない銘柄、期近の出来高の少ない限月は取引量が少ないため、約定するタイミングが読みづらく、デイトレード(デイトレ)には向いていません。


Cのテクニックは、トレード回数が多くなるデイトレード(デイトレ)では、手数料が安い会社を選ぶのは基本中の基本。
手数料で選ぶなら、北辰物産がおすすめです。


また、Dのテクニックは、より高度な分析や情報を手に入れるため、高性能なツールを用意している会社も情報用口座として開設しておきましょう。
よく面倒だからと、一つの口座でトレードも分析も行ってしまう人もいますが、これでは自ら勝率を下げていると言っても過言ではありません。

安定して結果を残しているライバル達は普通にやっているのですから。
ツールで選ぶのなら、フジトミがおすすめです。


こちらデイトレード(デイトレ)で選ぶ商品先物会社人気ランキングはこちら

業者選び・基本の後は、次はこういったコツを学んでいきましょう。
比較表や人気ランキングからでは分からない取引のノウハウです。

商品先物でデイトレード(デイトレ)を成功させるための5つのテクニックについて解説しています。
まずはポイントをしっかりと押さえていきましょう。