ドットコモディティ 評価


商品先物取引会社「ドットコモディティ(Formula)」のメリット評価

ドットコモディティを徹底評価

ドットコモディティ(Formula)のメリット評価

@口座数・預かり資産・売買高オンラインNo.1

A業界初の機能を搭載したトレードツール「Formula(フォーミュラ)」

BCFDを利用すれば、海外の銘柄も取引できる

C大手証券会社出資に出資されている安心の経営基盤

D業界最多の取扱銘柄


口座数・預かり資産・売買高No.1という三冠を達成しているだけのことはあり、安定した経営基盤とサービス、サポート体制で人気を集めている取引会社。
特に評価が高いのが取引システムやツール類です。

トレードツール「Formula」は、自動更新機能やリアルタイム表示機能などの様々な機能を多数装備し、業界初の「日計り(デイトレード)・サヤ取り専用画面」も提供しています。

その中でも、注文機能の充実度は圧倒的。
1クリックで損切り設定が行えるなど、多くの特殊注文に対応しています。

こちら口コミや評判を見たい方はコチラ

商品先物取引会社「ドットコモディティ(Formula)」のデメリット評価

ドットコモディティを徹底評価

ドットコモディティ(Formula)のデメリット評価

@手数料が割高

A対面取引が行えない


ドットコモディティは、No.1というだけあって、システムやサービスは最高水準のレベルを誇っていますが、手数料に関してだけは別。
手数料体系が変わり、平均よりも割高な上、デイトレでも半額になったりするサービスはありません。

また、オンライン専門なので対面取引も不可能となっています。

人気ランキングや比較表でもよく上位で紹介される業者です。
知名度&実績共に抜群。

そんな商品先物「ドットコモディティ(Formula)」のメリット・デメリット評価をまとめています。
利点&弱点を分析しながら最終的にどうするか判断しましょう。