CFD とは


CFDとは?

CFDとは?

CFDとは、差金決済取引

CFDとは Contract For Difference の頭文字を取った略名。

現物株・株価指数・業種別指数や、商品・債券などの取引における差金決済を指します。

FX(外国為替証拠金取引)も差金決済取引の一つですが、一般にはFX(外国為替証拠金取引)は単体でFX、それ以外の株式や株価指数、商品・債券などの取引をCFDと呼びます。

かって、エクイティスワップと呼ばれ、機関投資家のみが取引できた商品でした。
今では世界中の投資家に取引され、急速に人気を高めています。


CFDの魅力は、FXと同じくレバレッジを利用して取引できるところ。
さらには、24時間取引可能、取引期限(限月)のことを考えることなく自由に取引できる、海外の銘柄が取引できるなどのメリットがあります。

また、商品先物と違って取引手数料が無料(一部違うものもある)で、FXのようにスプレッド(取引コスト)が発生するという特徴があります。
そのため、トレードの形としては、商品先物よりもFXに近い形となっています。


商品先物とCFDにはそれぞれ魅力があるため、どちらが一概に良いとは言えませんが、どちらも利用すれば、選択銘柄が増えるだけでなく、国内と海外を同時に取引することでリスクヘッジを行うことなどもできます。

ドットコモディティのようにどちらの取引も行える会社も存在するので、比較的簡単に行うこともできます。

CFD業者を比較したいのならコチラ!
こちらCFD取引業者人気ランキング


CFDができる商品先物会社を比較したいのならコチラ!
こちら商品先物会社 銘柄比較表

CFDとは?について解説しています。
商品先物とはまた違った取引となっています。