商品先物 業界


商品先物の業界とは?

商品先物の業界

一昔前とは状況が変わってきた

商品先物相場や業界といえば、マイナスをイメージを持っている人はまだまだ多いのではないでしょうか?

一昔前までは商品先物といえば小豆相場。
小豆相場といえば、手を出すと危険といったイメージがあり、映画やテレビなどにもそういったシーンが登場することがありました。

また、なかには電話勧誘などを行う会社もあり、さらにイメージを悪くなったのではないでしょうか?


しかし、商品先物業界は変わりました。

株やFXなどと同じくインターネット取引が普及、さらに2004年の委託手数料の自由化&勧誘ルールの強化という法改正後、各商品先物会社はこぞって手数料と顧客満足に力を入れることになりました。

その結果、安い手数料でのトレードが可能になっただけでなく、顧客重視の会社が増え、業界全体の健全化が進みました。

株業界も一昔前では「株屋」と呼ばれ不遇の時代を過ごしていました。
商品先物業界もこれを機に投資家が増えれば、株やFXのようなポジションを獲得することも決して不可能ではありません。

商品先物の業界について解説しています。
どういったものになっているのかなかなか分かりづらいところ。

そういった初心者の疑問を解決するためのカテゴリですから。
ランキングや比較表などだけではありません。