商品先物 自動売買


商品先物の自動売買(システムトレード)とは?

商品先物の自動売買

機械的に取引を行う

自動売買、またはシステムトレードとは、自分の考えによってトレードを行わず、過去の値動きから売買のタイミングをプログラム化し、機械的なサインによって取引を行う方法のことをいいます。

手法が機械的なだけで、銘柄の発注や損切りは自分で行うもの。
または、売買から決済、さらには資金管理まで完全に自動化したプログラムによって行うものもあります。

商品先物だけではなく、株やFXなどでも行われている人気手法の一つです。


長所は、感情に左右されず機械的トレードできること。

短所は、過去に無い相場やめったに発生しない相場などに弱いこと。

自動売買を行うにはエクセルなどで自分でプログラムを組む方法が一般的です。

トレード手法別に人気の商品先物会社を知りたいのならコチラ!
こちらトレード手法別!人気の商品先物会社比較一覧表

商品先物の自動売買(システムトレード)とは?について解説しています。
楽に行える手法として人気を集めています。

しかし、シストレは初心者がいきなり行うようなものではありません。
まずは裁量取引からマスターしていきましょう。