商品先物 確定申告


商品先物の確定申告は?

商品先物の確定申告

利益が出た場合、必ず行う必要があります

年間を通して利益が出た場合、確定申告は必ず行う必要があります。

ただし、20万円を超える利益が出てない場合は行う必要はありません。


商品先物取引の確定申告は、「申告分離課税」方式で前年1月1日〜12月31日までの損益を計算して行います。

給料などの他の所得と合計せず、分離して確定申告を行うのが申告分離課税制度です。

そのため、会社の給与所得にかかる税額とは完全に別で計算されているので、会社側の確定申告には全く影響がありません。
つまり、サラリーマンの方が商品先物で利益を出したとしても、会社にばれることはないのです。


また、商品先物は人気のFXよりも税率が優遇され、さらに損失を3年間繰越控除できるなどのメリットがあります。(商品先物は申告分離課税なのに対し、FXは総合課税のため)

商品先物の詳しい税金やFXに比べたメリットなどを知りたい方は下記のページを参照してください。

商品先物の税金について詳しく知りたいのならコチラ!
こちら商品先物の税金徹底解説

商品先物取引の確定申告について解説しています。
税金で困った状態にならないためにも、しっかりと学んでおきましょう。