商品先物取引入門


商品先物入門|商品先物取引とは?

商品先物取引入門

入門講座

商品先物取引とは、将来の時点での商品の受け渡しを、今の時点の価格で約束する取引。

つまり、将来の一定期日に商品を買ったり売ったりすることを約束したものの取引といえます。


扱われる商品は、

・農産物(小豆、大豆、とうもろこしなど)

・貴金属(金、銀、白金など)

・エネルギー関連(ガソリン、灯油、原油など)

などの様々なモノが扱われています。(取扱銘柄は会社によって異なります。)

これらを将来の決まった時点に売ったり、買ったりする約束をして、現時点でその値段を決めるのです。


また、取り扱われる商品は何でもいいというわけではありません。

・大量に流通していること

・品質が均一なこと

・長期保存が可能なこと

など、いくつかの条件を満たしている必要があります。

こちら商品先物取引会社 総合比較一覧表はコチラから

人気ランキングや比較表よりも基礎的な解説を行っています。
それがこのカテゴリの特徴となっています。

ここでは、初心者講座のなかでも特に入門的な内容を掲載しています。
キッチリとマスターしていきましょう。