商品先物 原油


商品先物取引 原油のデータと特徴

商品先物の原油

原油の特徴とデータ

ガソリン、灯油、軽油、重油、プラスチック、繊維、紙など、原油を材料にしたものは日常生活の中にも数多く存在します。

また、製品だけでなく原油は電気やガスなどのエネルギーにも使われているため、人が生活する上で非常に重要な商品と言えます。


原油の主な産出国は、サウジアラビア、ロシア、米国など。
また、世界原油の約40%を生産するOPEC(石油輸出国機構)の存在も無視することは出来ません。

原油価格は世界経済すら左右する影響の大きい商品ですから、取引はしなくても常にチェックはしておきたいところです。


※原油の注目するポイント

@アメリカの景気

A産油国の政情

BOPECの動向

原油の生産量のうち25%はアメリカで消費されています。
そのため、原油の価格変動の予測は、アメリカの景気を見ていれば大丈夫だと言われているほどです。

また、産油国の政情もチェックが必要。
産油国の中にはイラク、イラン、ナイジェリアなど、政情不安定な国が多いからです。
情勢悪化は、原油の価格高騰に繋がります。

最後に、OPECの動向もチェックしておきましょう。
OPECの動向は前ほどの大きな影響力はありませんが、産油国の増産は価格の下落要因となり、減産は価格要因となるので、世界原油の約40%を生産するOPECの動向はやはり無視できません。

基本的にこういった銘柄のデータを確認するのなら、フジフューチャーズが一番分かりやすくおすすめです。


商品先物会社を一覧表で比較したいのならコチラ!
こちら商品先物取引会社 総合比較一覧表

業者選びの次は取引する銘柄選びを行いましょう。
商品先物では色々な種類のトレードが行えます。

このページでは、その中でも原油のデータと特徴を紹介しています。
様々な場面に登場する人気銘柄の一つです。