商品先物 銀


商品先物取引 銀のデータと特徴

商品先物の銀

銀の特徴とデータ

銀の産出国として有名なのは、メキシコとペルーの二カ国になります。

以前はソ連も有名でしたが、ロシアと国名が変わってからは生産量がガクンと落ち、今ではほとんど生産されなくなっています。

銀の需要のほとんどは、工業用、写真フィルム用、宝飾品用、器などが全体の9割以上を占めています。
金同様、特に宝飾品用での需要が多くなっています。


※銀の注目するポイント

@アメリカ経済

A亜鉛やニッケルの相場

B産出国の財政状況

銀相場はアメリカのニューヨーク銀相場を中心に動きます。
そのためアメリカの経済に左右されやすい傾向となっています。

また、銀を生産するときは亜鉛やニッケルも同時に生産されます。
そのため、銀・亜鉛・ニッケルはセットと考え、常にこの三つは同時にチェックしましょう。
さらに、銀は亜鉛やニッケル以外の非金属相場との連動性も高いので、その他の非金属相場もチェックするとさらに安心です。

最後に、産出国であるメキシコやペルーは、政治と経済が不安定です。
そのため、メキシコやペルーの財政状況が悪くなると、銀を大量に売却する可能性があります。
そうなると一気に市場の流れが変わってくるので注意が必要です。

基本的にこういった銘柄のデータを確認するのなら、フジフューチャーズが一番分かりやすくおすすめです。


商品先物会社を一覧表で比較したいのならコチラ!
こちら商品先物取引会社 総合比較一覧表

まずは商品先物会社ランキングや比較表などで業者選び。
その後はどの銘柄トレードするかを決めましょう。

ここではその中でも銀に注目してデータなどの特徴を紹介しています。
金などにも迫る人気ぶりです。