商品先物 白金


商品先物取引 白金(プラチナ)のデータと特徴

商品先物の白金

白金(プラチナ)の特徴とデータ

白金(日本ではプラチナと呼ばれることが多い)は、原鉱石1トンのうち、わずか3グラムしか含まれず、供給量も金の約25分の1しかありません。

そのため、白金はかなりの希少金属(レアメタル)なのです。


白金(プラチナ)の産出国として有名なのは南アフリカとロシアの二カ国。
この2カ国だけで全体の産出量の9割以上を占めています。

白金は宝飾品のイメージの強いですが、酸化しにくく融点が 1,769 ℃と高いことなどから、自動車用触媒など工業用に幅広く使われています。


※白金(プラチナ)の注目するポイント

@ヨーロッパの自動車の売上

A産出国の動向

B市場規模が小さい

ヨーロッパでは地球環境への配慮として、生産される自動車のディーゼル化が進んでいます。
そして、ディーゼル車の排気ガスを浄化する触媒として利用されるのが白金。
ディーゼル車の売上が上がれば、必然的に白金の需要も伸びてきます。

さらに産出国の動向にも注意しましょう。
特に産出量の7割以上を占めている南アフリカの動向は重要です。
金同様、産出コストが上がったり、大きなストライキが起こると生産低下に繋がります。

最後に、白金は金などと違い市場規模が小さいため、大きな資金が流入すると暴騰する可能性があります。
そのため白金の投資を行う場合、通常以上に資金管理が大切になってきます。

基本的にこういった銘柄のデータを確認するのなら、フジフューチャーズが一番分かりやすくおすすめです。


商品先物会社を一覧表で比較したいのならコチラ!
こちら商品先物取引会社 総合比較一覧表

商品先物取引の業者選びが済んだら、次は銘柄選びです。
こういった部分は人気ランキングや比較表だけではなかなか決められません。

このページでは、白金(プラチナ)のデータと特徴をまとめています。
最近では金に次いで注目されている銘柄です。