商品先物 とうもろこし


商品先物取引 とうもろこしのデータと特徴

商品先物のとうもろこし

とうもろこしの特徴とデータ

とうもろこしは、小麦、米とともに生産量が多く、世界の3大穀物と呼ばれる世界的に需要が大きい穀物。

とうもろこしは食用としてよりも家畜用飼料としての需要が最も高い穀物です。

また、最近ではバイオエネルギーの原料としても急速に需要が高まってきています。


とうもろこしの生産国は、アメリカ、ブラジル、中国など。
その中でもアメリカの生産量は圧倒的で、全体の4割以上を占めています。


※とうもろこしの注目するポイント

@アメリカの生産量

A畜産業の動向

B小麦の価格

上記でも説明した通り、アメリカは全体の4割以上の生産量を誇っているため、アメリカの生産量はとうもろこし相場に大きく影響します。
天候によって大きく生産量が変わってくる穀物のため、作付期から収穫期(5月〜8月)の天候はチェックしておきましょう。

また、とうもろこしの多くが家畜用飼料として使われるため、畜産業の動向にも注意したいところです。
飼料を消費する家畜頭数の増減、種類などがとうもろこしの需要量に与える影響は小さくありません。

最後に、とうもろこしの価格と並行して小麦の価格もチェックしておきましょう。
とうもろこし価格は、小麦価格と連動する傾向があるからです。
チェックしておいて損はありません。

基本的にこういった銘柄のデータを確認するのなら、フジフューチャーズが一番分かりやすくおすすめです。


商品先物会社を一覧表で比較したいのならコチラ!
こちら商品先物取引会社の総合比較一覧表

このページでは、とうもろこしのデータと特徴をまとめています。
バイオエネルギーの台頭により注目され出した銘柄です。