商品先物 システムトレード


商品先物でシステムトレードを方法は主に2つ

商品先物のシステムトレード

2つの方法

@シストレソフトを購入する

A手動で行う


株やFXなどの人気投資であれば、システムトレードを提供している会社や業者もありますが、商品先物ではなかなか期待できません。

そのため、シストレを行う一番簡単な方法を採用しにくいのが現状です。

そこで、その代わりの方法として採用できるのが上記の2つ。
それぞれについて詳しく解説していきます。


まず@のシストレソフトを購入する方法ですが、これは株やFXなどの投資でもよく取られるシステムトレードを行う方法の一つです。

数は少ないとはいえ、商品先物に対応している会社もあるので、こういったところで購入しましょう。
ただし、注意点として、そのソフトが本当に使えるかどうか。

なかには全く役に立たないソフトを提供して会社もあるので注意が必要です。
しっかりと口コミや評判を吟味し、またサポート体制がしっかりとしているかチェックしましょう。


Aの手動で行うは、自分でトレードのルールを考えて、それに従ってシステム的に取引していくやり方です。

ルールの決め方を教えてくれるサイトや教材などもあるので、それらを利用するのもいいかもしれません。

システムトレードを提供している業者やソフトを提供している会社が少ないジャンルの投資なだけに、シストレを行うにはこの方法が一番かもしれません。


なお、中には自動売買とシステムトレードの二つを混同している人もいますが、これら二つは厳密には違います。

システムトレードとは、上記で解説したように、決まったルールに基づいてシステム的に取引を行っていくこと。
自動売買とは、その取引をコンピューターに自動執行させるやり方です。

つまり、自動売買とは、単純にシステムトレードをコンピューターに行わせることになります。
注文機能などをうまく使いこなせば、手動でも問題なく取引は行うことができます。

それぞれの情報についてまとめています。

ここではシステムトレードの方法について。